ストレスは、肥満の元

とにかく食べることが好きな方は、多いですね。
1日中口を動かしていて、食べ物があったらすべて食べてしまわなくては気がすまないのです。
これではいつまでたっても理想的な体を手に入れることはできません。

そういった食べることが大好きな方は、おなかは一杯なのに頭が食べたくて仕方がないのです。
ですから、満腹でもいくらでも食べてしまいます。
それは、多くの場合ストレスが影響しています。

ストレスがかかってきたら、人間はいくらでも食べられてしまいます。
それはストレスによって、脳の満腹中枢がおかしくなってしまうからです。
よく「やけ食い」と言いますが、これはやはりストレスによって脳の満腹中枢が正常ではなくなってしまった証拠です。
ストレスのある方は食欲に走ってしまうので、要注意ですね。

もしあなたがダイエットをして理想的な体を手に入れたいのならば、何とかしてストレスを減らすことを考えましょう!
ストレスを溜め込んでいたら、いつまでたってもスリムに美しく変身できません。
食べ物を食べることによって、ストレス解消をしようとするからです。

少し前に「寂しい女は太る」という本が発売されましたが、それは事実なのです。
それでは、あまりにも悲しいですね。
ストレスを上手に解消して、あなたも理想的な体を手に入れましょう!

カテゴリー: 理想的なダイエットのために パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です